郭文貴氏が保釈されなかった原因は、中共が彼の口封じをしたかったため
元検察官で法学博士のデビッド・クレメンツ氏:郭文貴氏は、母国でさえ彼を厄介者扱いしているのだから、他にどこへ行けるというのか?なので、彼は「逃亡の危険」はないし、この事件は経済犯罪の罪であるから、地域社会に対する危険もない、保釈の資格は十分にある。裁判前に条件付きで釈放されなかったのは、彼を黙らせたかったからで、むしろ政治的な迫害に見える。

郭文贵先生之所以未获保释,是因为中共要让他噤声
前检察官、法学教授大卫·克莱门茨:对于郭文贵先生来说,连他的母国都把他视为眼中钉,他还能逃到哪儿去?所以他不存在“潜逃风险”,且本案也是经济犯罪指控,所以他也不会对社区构成危险,因此他完全有资格获得保释。他之所以未被获准审前有条件释放,是因为他们要让他噤声,这看起来更像是一场政治迫害。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用 * 标注